はじめにお読みください

大腸がんの可能性に怯えながら入院して痛感した4つのこと

ライフスタイル

こんにちは、ジュンです!
先日、こんな記事を書きました。

https://udatsu.net/kekkamachi/

結局GWを挟んだので、検査の結果が出るまでに15日ぐらいかかりました。
今回はその結果と、入院して痛感した4つのことを書きたいと思います。

あなたの人生に重ねていただければ幸いです。

検査の結果…腫瘍ではなく炎症性の血豆でした

入院前の触診では、なんか「腫瘍っぽい感触がある。しかも小さくない」というのが担当医の診察でした。
その後の内視鏡検査でも、血まみれの物体が発見されており、「ちょっと大きさ的に悪性の可能性もあるよね…」という雰囲気に。
※元々の腫瘍が良性でも、大きさが2cmを超えると50%以上の確率で悪性に変わる

しかし検査の結果、「細胞から腫瘍性の反応は出ず、炎症性の反応だけが出た」と担当医に言われました。
そしてあらためて内視鏡の検査をやることに…
肛門から直腸へカメラを突っ込むと…腫瘍がなくなっている!!
その代わりに、いつもの炎症反応の名残りが見受けられました。

結局どういうことかというと、腫瘍に見えたのは、炎症による血豆や血袋のようなものだったのです。
長い間、直腸から少量の出血があったので、徐々に塊になっていったんだと思います。

マジで人工肛門を覚悟した

潰瘍性大腸炎を患うと、その後、大腸がんになる可能性は通常の人よりも高いです。
たしか10年以内で10%ほど、20年以内で20%ほどの患者が大腸がんを患うデータが出ています。

しかも潰瘍性大腸炎の場合、大腸がんになると、大腸の全摘が基本だそうです。
(全摘とは「全部を摘出」の意味です)
その理由は、潰瘍性大腸炎を患うと、がん細胞が大腸内に転移する確率が高くなるからです。
大腸を残して、繰り返し大腸がんができる可能性があるなら、いっそ全摘してしまおうという考えですね。

また今回、仮に細胞が良性でも、人工肛門を強いられる可能性がありました。
それは腫瘍(と思われていたもの)の場所が肛門から近く、大きかったためです。
腫瘍が深層まで広く達すると、広い範囲で腫瘍を切除しなくてはいけません。
その場合、肛門の括約筋まで広く切除するため、肛門の機能を果たさなくなる可能性があります。

これらのことから、正直私は人工肛門を覚悟していました。
「腫瘍じゃなくて血豆でしたーヽ(・ω・)/ズコー」の可能性は低いと見ていた私。
装具のことや、障害者手帳の申請方法などを、仕事の合間に少し調べて落ち込んていたので、ほっと胸を撫で下ろしました。

ただ今回は大丈夫でしたが、潰瘍性大腸炎の患者は大腸がんを併発する確率が高いです。
よって今後も人工肛門のリスクを背負い続ける必要があります。

今回の入院で痛感した4つのこと

今回の入院期間は20日ほどでした。
この間に痛感したことを5つにまとめてみましたので、ひとつずつ見ていきましょう。

家族や友人のありがたみ

これが一番ですね。
とくに奥さんは毎日お見舞いに来てくれました。
仕事も家事もある中で、自分の時間がかなり削られたと思います。
図書館へ通い、大腸がんについても色々と調べてくれたので、感謝してもしきれません。

食事ができるありがたみ(4度目)

今回は短かったですが、1ヶ月単位の絶食は何度やっても、ひもじくてつらいです。
退院後は何かを食べる度に、今までにない感動が味わえます。
舌が敏感になっているんですね。
これは絶食を経験しないと、体験できない貴重なことだと思います。

気にしすぎないことの大切さ

私は生粋のネガティバーです。
結果待ちの間、大腸がんの可能性に怯え続けるのは、精神衛生上よろしくないと思いました。
したがって結果を気にしすぎないように、仕事をこなしたり、病気について調べすぎないようにしたりと、心穏やかでいるための工夫を重ねました。
入院中でも「今日はここまでやろう」と、1日のスケジュールを立てて作業に没頭したので、時間の流れは早かったですね。
「結局、家に籠もってやってるのと変わらないよなー」とかも感じて、20日間があっという間でした。

日常がずっと続かない可能性(n度目)

重篤な方からしてみたら、私のケースなんて大したことではないのかもしれません。
ただ転移層まで腫瘍が育っている可能性もあったので、「もしこのまま癌を繰り返す人生になったら、生きがいってなんだろうなー」と思いにふけることもありました。

何かが起こらないと、日常のありがたみが再確認できない人もいると思います。
あと毎日のルーティンで忙しいときも、人生を考える時間が取りにくいですよね。
なんか説教臭いですが、そんなときでも一度立ち止まって、自分の手足や内臓などが正常に機能していることを実感できると、背筋がシャキッとするかも知れません。

かくいう私も、肛門が肛門の位置にある当たり前のことが、今とてもありがたいです。

まとめ

以上、入院して痛感した4つのことを書きました。

・家族や友人のありがたみ
・食事ができるありがたみ
・気にしすぎないことの大切さ
・日常がずっと続かない可能性

これらは心身ともに健康だと見落としがちですが、たしかにあることです。
たとえば

「今、何気なく口に含んで咀嚼しているその食べ物は、本当に自分の日常なのか?食べているのは当たり前のことなのか?」

一度そのように立ち止まり、自問するといいかもしれません。

ライフスタイル
ジュンをフォローする
ネットで毎月30万円以上の自動収益を得て『自分らしさMAXの人生』を送る方法を無料公開中!

●自動化の仕組みで毎月30万円を稼ぐ仕組みの全貌マニュアル
●”超”初心者が1年で会社員時代の給料に追いついたネットビジネスのノウハウ
●主婦やニートでもネットで毎月5〜10万円の不労所得を得る方法
●ジュンが副業にネットビジネスをすすめる理由とは?
●変化を好まないジュンが10年にわたるサラリーマン生活を捨てた理由とは?
●パソコン音痴でもパソコン一台で年収1000万円を稼ぐ手法
●安全に生きようとするほど”危険”な理由とは?
●知識・ノウハウだけでは”絶対”に成功できない理由
●副業解禁の時代を他人事のようにスルーしていると起こること

など、内容の一部分をピックアップしてみました。

無料メール講座の本編では、ブログで書けないシークレットな内容をたくさん出していきます。

また、私はこれまでに数十万円以上の投資をしてきました。
無料メール講座では、そこで学んだ有料セミナー級のレア情報も、こっそりお伝えしていきます。

※この無料メール講座は、有料講座で聞いた内容が多く含まれているため、予告なく募集を終了する可能性があります。

なので、今のうちにプレゼントを受け取ってくださいね。

下記ボタンをクリックして、

・あなたのお名前
・メールアドレス

をご入力の上、ご登録をお願いします。

No Lib No Life
タイトルとURLをコピーしました